ゴキブリ他について

ゴキブリは約三億年前から生息し生きた化石といわれ、全世界では約3000~5000種類いると言われています。世界各地で益虫といわれる種類もいますが、 日本に生息している全種類は害虫とされています。
生活環境でよく見かけるのは 「チャバネゴキブリ」「クロゴキブリ」「ヤマトゴキブリ」「ワモンゴキブリ」の四種類です。
赤痢・チフス・サルモネラ菌・ 寄生虫他恐ろしい病原体をもちゴキブリは媒介します。

屋外種で生活環境に入って来る昆虫類はアリ類・ムカデ類・ゲジ類・クモ類がいます。湿った暗い個所を好み夏場に生活環境に入り込みます。ヒメアリ、アツゼンチンアリ、ムカデ、セアカゴケグモは人間を噛んだり刺します。

セアカゴケグモは体長10mm位の小昆虫で25年位前に大阪湾近郊の公園で発見された外来種、段々と北上し近年では横浜港で発見されています。雌が神経毒をもち刺します。

アルゼンチンアリ近年日本に入ってきた外来種で非常に攻撃性が高く、俊敏でコロニーが大きく団体で動き人家に入り込み人を噛んだり家内を荒らします。また 在来種のアリ巣を襲い深刻な生態系被害が発生しています。他、ヒメアリやムカデも人を噛みます。

これらの小昆虫類は夜行性や湿った暗い個所を好み生息しています。人間生活では日中は日差しあり夜は電燈が灯しますので人間とは真逆な生活をおくっています。

また固い甲羅で覆われた甲虫なので薬が浸透し難く駆除に手間がかかる難点があります。

 

ゴキブリの繁殖力の凄さ

地球が氷河期の時や活火山期の時を生き延びてきたのには、その雑食性のほかにもわけがあります。その繁殖力です。
ゴキブリのメスは約8ヶ月の一生の間に約4~7個の卵を産みますが一個の卵には、約30~40匹の幼虫が入っています。約2週間で卵から孵化し、2~3ヶ月で成虫になります。
室温の高い場所ではさらに卵の数が増え、成虫になるスピードが速くなるのです。条件のそろった室内で1年を通して増え続けると数万匹~数十万匹になってしまいます。
実際に私たちが駆除をした場所でも、恐ろしい数のゴキブリを確認しております。ゴミ袋数袋というのも珍しいことではないのです。